読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
読者モニターレポート
2010年1月号読者モニターレポート

MSI
Eclipse Plus
長野県 佐々木 誠さん

1. この製品に応募したきっかけをご記入ください
この製品に応募したきっかけは、やはり毎月愛読させていただいている「DOSV/POWER REPORT 」の2010年1月号(マザーボード100選)の記事を読んだことがきっかけでした。私は結婚前は自分の給料が自由に使えたのですが……結婚・子供の誕生と次々に人生のイベントを迎え、よくいるお父さんの「経済事情」になっていました。おととし、慣れ親しんだPentium 4(2.4G HT)からCore i7(920)へ新規作り換えを行ないましたが、経済事情によりマザーボードのランクを落とし悔やんでいたところ読書モニタ記事を見て「くじ運がない私でも、これなら!!!」と思い応募させていただきました。
2. この製品を使用したPCの構成パーツをなるべく詳しくご記入ください
構成内容:ケースはノンブランドATX
電源:AQTIS AP-750GTX
CPU:IntelCore i7 920
マザーボード:MSI Eclips Plus
メモリ:ノンブランド1GB×3枚+UMAX Cetus TCDDR3-6GB-1333(計9GBトリプルチャンネル構成)
グラフィックス:Leadtek GTS250×2枚+エルザ ジャパン GLADIAC GTS250(3-way SLI)
記憶媒体:WD製500GBHDD×3個(内2個はREID0構成)+1TB1個
3. この製品を使用する前のPCの構成パーツをなるべく詳しくご記入ください
ケース:ノンブランドATX
電源:AQTIS AP-750GTX
CPU:IntelCore i7 920
マザーボード:MSI X58 SLI
メモリ:ノンブランド1GB×3枚(計3GBトリプルチャンネル構成)
グラフィックス:Leadtek GTS250×2枚(SLI)
記憶媒体:WD製500GBHDD×1個+1TB1個
4. この製品を使用するPCの主な用途は?
製品の使用PCの用途は仕事(会社での残務処理)、ゲームおよびホームビデオの編集です。
5. この製品で「よかった」と感じた点
1:3-way SLI構成が可能な点(グラフィックスはNVIDIAが好きなため)
2:ブリッジチップにNVIDIA nForce200使用
3:DrMOSによるVRM高効率化(電気代の請求金額が下がったので妻にほめられた)が実感できた
4:D-LEDで使用中のPC状況確認ができた事
5:直接手動にて微調整のできるオーバークロックダイヤル
6:やはりハイエンドモデルのための安定感(過重動作時にもフリーズしにくい点)
6. この製品で「よくなかった」と感じた点
1:インターフェースにUltra ATAがないこと(以前から所持しているDVDドライブ・HDDが使用できない)
2:スロット間隔(3-way SLIを構成したためにほかの拡張スロットが使用できず今後の拡張が不可能になった点)
3:発熱によるケース内温度の上昇。エアフローは今後の課題で、現在はパソコンのフタを開けて動作中(おかげで暖房いらず)
4:説明書がやや不親切であった。私は英語が得意ではないので、とくに詳細な部分に関しては日本語による解説(PDFでもよい)があればうれしかったです
7. そのほか、この製品を使用した感想を自由に記入してください
この製品はやはりMSIさんが出している製品のため、「ユーザーの要望に応える」よい商品ですが、ある程度の英語力がないと最大限に能力が引き出せません。今の時代、低価格の良品が求められる中「お金にゆとりがあり・自作PC歴数年でないとこちらの商品はお勧めできません」。
2009年9月号読者モニターレポート

zionote
StyleAudio CARAT-EMERALD
兵庫県 松岡宏一さん

1. この製品に応募したきっかけをご記入ください
 ここ最近、オーディオシステムよりもPCで音楽を聴くことが多くなっていました。
 CDを交換する手間が要らずたくさんの曲を管理できる、ピックアップレンズの汚れやCDの傷が原因となる音とびがない。ジャケットの表示など曲情報が一目で分かる……そのような理由でCDプレイヤーで聞くことが少なくなりました。
 現在はオンボードサウンド機能の音質では満足できず、サウンドカードを購入して使っています。
 デスクトップだけではなくミニノートPCをジュークボックスとしていろんな場所で音楽を楽んでみたい。と、いう理由でUSBサウンドデバイスの中でも高音質をウリにしたこちらの商品は以前から注目していたからです。
2. この製品を使用したPCの構成パーツ、音響環境(使用製品など)をなるべく詳しくご記入ください
CPU:Intel Core 2 Duo E7200
マザー:MSI 945GCM5-F V2
メモリ:Umax 1G×2
ケース:ANTEC P193
電源:AOEN AO400-12AHN
サウンドカード:Audiotrak PRODIGY HD2 AD
モニタ:iiyama B2409HDS
アンプ:ソニー TA-F555SEL
スピーカー:DENON SC-v101
ケーブル:audioquest
ヘッドホン:audio-technica ATH-A55
3. この製品を使用するPCの主な用途をご記入ください
インターネット
メール
音楽試聴(インターネットをしながらの、ながら聞きが多く家族がいるときはヘッドホンを使用して聞いていますが、一人のときにはアンプを通してスピーカーから聞いています)
4. この製品の音質は以前の環境と比べていかがでしたか?
 オンボードのサウンドと比較すると、断然音楽がきれいに聞こえました。現在使用中のサウンドボード(PRODIGY HD2 AD)との比較では似たような音質に感じました(使われているオペアンプがHD2ADと同じ様です)。アンプにつなぎスピーカーで聞いたところサウンドカードより音がはっきりとした感じを受けました。
5. この製品について「よかった」と感じた点をご記入ください
 USBからの給電だけで動作するオーディオアンプはミニノートPCなどと一緒に持ち運べるので場所を選ばないため、とても扱いやすいです。家の中の別の部屋や外出先など、いつでもどこでもよい音質で音楽を楽しむことができました。また、些細なことですが、手元のボリュームで音量調節できるのは、マウスやキーボードからの操作では難しい微妙な調整を素早く行なえるため、ストレスを感じません。ホワイトノイズや負荷時のノイズもまったくありませんでした。
6. この製品について「よくなかった」と感じた点をご記入ください
 LEDの電源ランプが名前のとおりエメラルドグリーンでとてもきれいでよいのですが、まぶし過ぎて本体を正面から見れません。もう少し光量をおとしたほうがよいのではないでしょうか(私はキャップを自作して取り付けてました)。
 欲を言えばPC以外の機器でも使用ができると活躍の場が広がってよいのではないかと思いました。
 たとえばUSB以外の入力を追加してヘッドホンアンプとして使用できるようにするとか、S/P DIFか同軸デジタル入力で外部DACとしての使用もできるとありがたいです。ipodがUSBで接続して使用できるようになると一番うれしいです。
7. そのほか、この製品を使用した感想を自由に記入してください
 家庭内でLAN接続した機器を連係使用できるDLNAが気になっています。レコーダで録画した番組を違う部屋のPCで視聴できたり、NAS上の音楽や動画をAVアンプ経由で再生できたり、複数のPCで利用できたり、保存場所を集約することが出来てすごく魅力的な技術です。
 現在は対応機器の価格が高く手を出しにくいのですが幅広いメーカーに広まって安価に利用できるようになればよいと思っています。
2008年2月号読者モニターレポート

MSI Axis945GM
(新Socket 479対応ベアボーンPC)
静岡県 坂井国彦さん

1. この製品に応募したきっかけをご記入ください
 自作もあらかた経験したので、もっと別なものにチャレンジしてみたい。とくにベアボーンはあまり経験がなかったので、ちょっと変わったものを作ってみたいと思ったからです。
2. この製品を搭載したPCの構成パーツをなるべく詳しくご記入ください
CPU:Intel Core 2 Duo T5500(1.6GHz)
メモリ:PC2-6400 DDR2 SDRAM 512MB×2
HDD:80GB(Serial ATA)
光学ドライブ:LG電子 GSA-H58N
そのほか:オウルテック FA404MX(FDD+カードリーダー)
3. この製品の性能はいかがでしたか?
 モバイル版のCore 2 Duoを使用したので若干もたつきを感じましたが、気にするほどではありませんでした。ベアボーンなので、必要最低限の機器を買い揃えるだけでよいのはうれしいです。
4. この製品の拡張性はいかがでしたか?
 PCIスロットが1基のみという点が若干気になりましたが、割り切って使用すれば拡張性を気にする必要はないでしょう。USB 2.0ポートも前面2基、背面4基あり、通常の使用ならポートが足りなくなることもありません。PS/2ポートとシリアルポートが各二つという構成もまずまずです。
5. この製品について「よかった」と感じた点をご記入ください
 まず、非常に小さい。自分が使用しているPCケースはAntec P180だが、それと比較するとおよそ1/4ほどのサイズしかありません。狭い部屋で使うのに場所をとらない点は好感が持てました。
  黒を基調としたデザインもよくまとまっています。ビジネスユースも想定しているのか、意外なほどオーソドックスにまとめられています。
  その小ささに反して、組み立ては意外なほど簡単でした。スリムベアボーンはパーツの組み付けが難しいのですが、図入りのマニュアルのおかげか、意外なほどスムーズに作業できました。
6. この製品について「よくなかった」と感じた点、「改善してほしい」と感じた点をご記入ください
 CPUに一般的なLGA775タイプが使えないのが一番難点。このベアボーンが届いたのが、ちょうどGW直前。モバイルCore 2 Duoが必要と知り急いで注文をかけましたが、すでに問屋も休みに入るとかで、結局入手できたのは、GW明け。結局休み中は何もできず、とほほでした。
  発売当時の状況を考慮に入れても、LGA775対応にしておけば性能向上の余地はあったのでしょうが、この構成では将来的発展が見えませんでした。しかもモバイル用CPUは入手が簡単とは言い難いので、次のモデルではCPUソケットは絶対にLGA775にしてほしい。
  あと小型ベアボーンということなので、ネットワークのサーバー的役割を想定したのだろうが、それでもLANポート二つはいらないと思う。サーバーとしての使用を想定するならeSATAポート(ブラケット)を用意してもおもしろかったと思います。外付けのeSATA対応HDDを組み合わせれば、簡易ファイルサーバーとしても、もう少し役に立つと思うのですが……。
  後、細かい点ですが光学ドライブと筐体の隙間が空き過ぎていてホコリが入ってきそうなのも気になりました。
7. そのほか、この製品を使用した感想を自由に記入してください
 ビジネス用途以外にも、大容量HDDと組み合わせて録画PCを作ればおもしろいかもしれません。とくに地デジ対応のキャプチャカードが各社から発表されているので、それを組み合わせて地デジ録画マシンを構築するのもおもしろいでしょう。
  CPUの入手がやや難しいのは気になったが、それを補って余りある小ささに魅力を感じるならば、Axis945GMは買いだろうと思う。メインマシンとしてもサブマシンとしても役に立つ1台だと思います。
  ちなみに私は、このマシンを父親のPCにしました。以前はATXケースのPCを使っていたのですが、場所をとるので小さいのが欲しいと言っていました。親父はちょっとしたゲームとWeb、メールにインターネットトレーディングしか使わないので、Axis945GMの性能でも十分使えます。別途液晶モニタを購入して、ちょっと早めの父の日の贈りものにしました。

2007年11月号読者モニターレポート

Intel Core 2 Quad Q6600
神奈川県 河野 史さん

1. この製品に応募したきっかけをご記入ください
(1) 本誌を購入した月は毎月応募している。
(2) クアッドコアCPUが欲しかった(できればG0ステッピングのCore 2 Quadがよかったけど……)。
2. この製品を搭載したPCの構成パーツをなるべく詳しくご記入ください
CPU:Intel Core 2 Duo E6600(2.4GHz)→Intel Core 2 Quad Q6600
マザーボード:ASUSTeK P5B Deluxe(Rev.C2)
ビデオカード:Leadtek WinFast PX7950GT TDH(NVIDIA GeForce 7950 GT)
ビデオカードクーラー:ARCTIC COOLING:AcceleroS1
メモリ:Transcend TS128MLQ64V6J(PC2-5300 DDR2 SDRAM 1GB)×2
HDD:日立GST Deskstar 7K400 HDS724040KLSA80(Serial ATA 2.5、7,200rpm、400GB)、日立GST Deskstar T7K500 HDT725032VLA360(Serial ATA 2.5、7,200rpm、320GB)
HDD静音ケース:グロウアップ・ジャパン SmartDrive2002
サウンドカード:クリエイティブメディア Sound Blaster X-Fi Xtreme Audio
光学ドライブ:パイオニア DVR-S15J-W、東芝サムスン ストレージ・テクノロジー SD-M1712
電源:KEIAN KAD-550AS SLI(550W)
CPUクーラー:サイズ MUGEN SCINF-1000
ファンコントローラ:システムテクノロジースーパーファンコントローラ Ver.3 ST-35W White
PCケース:ソルダム WinDy MT-PRO3000
電源用サイレンサー:ジャパンバリュー PF-SilencerSG
キーボード:ミネベア CMI-6D4Y6
マウス:Microsoft ハブ レーザー ゲーム マウス
OS:Windows XP SP2(32bit、エディション不明)、Windows Vista Ultimate(32bit)
3. この製品を搭載するPCの主な用途をご記入ください
(1)Web閲覧
(2)メール通信
(3)Skypeでのビデオチャット
(4)ゲーム(FPS)
4. この製品の性能はいかがでしたか?
スペックの額面通りに捕らえると、正直コアの多さからハイエンドを思わせる。とくに個人用途では現状で四つのコアを使用し切る局面は少なく、過剰性能とは思われる。しかし、今後CPUにおけるマルチコア化の傾向に伴い、ソフト面での対応を促す先進的な商品とも受け取れる。20年くらい前からメインフレームではマルチスレッド処理が存在したことを考えれば、ソフト開発側から見ても新規の概念ではないので、今後のソフト対応も期待できると考えられるだろう。その先進的な一面を垣間見ることができる本製品は、マニアの心をくすぐる一品となっていると思います。
5. この製品を使用されてどのような処理の際に違いを実感されましたか?
Webサイトなどを見渡すと、ベンチマークやオーバークロックは初期の段階でやりつくされている感があるので、敢えて身近なマルチスレッド処理の一つである“Excel”でE6600とQ6600の差を見てみようと考えました。Excelは、マルチコア対応と言われるOffice 2007を新規購入(太っ腹?)、処理内容は、(少々?偏っているかもしれませんが……)6万行のデータ4シートから各4,000回の検索を実施してデータを別シートに貼り付けた後、各検索値の単純な加減算を実施する内容です。ケースは3パターンで、
(1)すべてVisualBasicで記述するが、処理シートを行列(Variant)に読み込ませて検索する方法
(2)すべてVisualBasicで記述するが、ワークシート関数(VlookUp)を用いて検索する方法
(3)貼付ける先のシートの各セルに、ワークシート関数(VlookUp)を記入して検索する方法
の3パターンです。処理時間はE6600で1回あたり25~30分程度。Q6600交換後の結論は、残念ですがほとんど変わりません。やはりVisual Basicの開発環境でも揃えてコンパイルでもしなければならず、その意味では手軽にはマルチスレッド対応にはしづらいのではと予想したとおりの結果でした……残念。
6. この製品について「よかった」と感じた点をご記入ください
実際に使用して感じるのは、やはり安心感でしょう。ウイルススキャンやメールを並行して処理しながら、Excelの重い処理を実施しても作業の手を止めることなく、別のタスクを新しく起動できる余裕。これはビジネスや研究開発の現場にこそ早く欲しいと感じました。このところ急速に高機能化するPCに慣れてしまったせいか、多少大きなデータでも、卓上のPCで処理するのを躊躇しなくなったため、PCがよく、処理過多で反応が鈍くなっていましたが、このような状態が回避できるのが大きなメリットです。
7. この製品について「よくなかった」と感じた点、「改善してほしい」と感じた点をご記入ください
G0ステッピング(TDP 95W)ではなくB2ステッピング、TDP 105W)であるせいかもしれないが、やはり発熱がもっとも気になった。冬場はファンコンでファン回転数を60%程度に抑えているせいか、温度上昇に伴って自動でファン回転数を上がったときの騒音が気になります。しかし、それを除けばアイドル時の温度上昇もE6600と比べて大差なく、安心して使用できています。あえて挙げれば、心配なのは(小生も数回しか経験していませんが)CPUの劣化です。E6600が2基載っているのと同じですから、壊れる可能性は倍です。(コア1基のCPUの破壊は過去経験しています)。2次キャッシュを供用しているE6600では、同様の傾向が出るのも予測できますが、Q6600では、片方のCPUコアのみ壊れた場合の挙動が予測出来ません。そういった面でも今後、ハードウェア監視機能が発達して、CPUコアの挙動監視ができるような技術に結びつけばよいと考えております。
8. そのほか
後日談ですが、知り合いから新規のPCの組み立てを依頼され、用途とコストパフォーマンスからQ6600(G0ステップ)で揃えたのですが、そのとき遊び心で、今回のB2ステップQ6600と交換してみました。(メモリを4Gに増設した後なのでハッキリ言えませんが)早くなった感じがして、計測すると5~10分処理時間が短くなってました。まさかと思い、知り合いのPCを今回のB2ステップQ6600で借り組みインストールすると妙に遅い……。無論、G0ステップのQ6600に交換して納品しましたが、その際のインストール時間には……。静電気にはアースバンドを利用するなどして万全の対策しておりますが、どこかで損傷して……らしく。正しいレポートになっているか心配です。
2007年10月号読者モニターレポート

Intel Core 2 Quad QX6700
東京都 本間宣嗣さん

1. この製品に応募したきっかけをご記入ください
使用していたPCに対して動作の遅さに対する多少の不満、動作不良が目立つようになったため、新たなPC購入を考えていたからです。
2. この製品を搭載したPCの構成パーツをなるべく詳しくご記入ください
CPU:Intel Core 2 Extreme QX6700(2.66GHz)
マザーボード:GIGABYTE P35-DS3R rev1.0(Intel P35+ICH9R)
ビデオカード:GIGABYTE GV-NX86S256H(NVIDIA GeForce 8600 GTS)
メモリ:ノーブランド PC2-6400 DDR2 SDRAM 1GB×4
HDD:日立GST Deskstar T7K500 HDT725050VLA360(Serial ATA 2.5、7,200rpm、500GB)×2
光学ドライブ:バッファロー DVS-XL516FB
電源:500W
OS:Windows Vista Ultimate
CPUクーラー:SCYTHE ANDY SAMURAI MASTER SCASM-1000
3. この製品を搭載するPCの主な用途をご記入ください
主にゲーム、動画エンコードです
4. この製品の性能はいかがでしたか?
動画エンコード、複数アプリケーション動作時などはとても快適でした。たとえば、ゲームで遊びながらバックグラウンドでプログラムのダウンロード、エンコードを行なったりしたところでゲームの処理が落ちる事はほとんどなく、今までは複数台のPCで作業をしなければならなかったことが、1台のPCで快適に行なうことができるようになりました。
総合的に満足できる部分が多く、クアッドコアを活かした使い方ができればCore 2 Duoより何倍も性能があがったように感じます。
しかしながら、一つのアプリケーションを集中的に動作させる時はCore 2 Duoとたいした差を感じることができなかったというのが本音です。
5. この製品を使用されてどのような処理の際に違いを実感されましたか?
OSの立ち上がり時が一番動作処理に違いを感じました(とくにVista)。今までCore 2 Duo(2GHz動作)では2分程度かかっていたOS立ち上げが40秒程度に短縮され、比べ物にならないほど快適になりました。また、動画エンコードも以前に比べ高速化され、とくにQuad動作をサポートしているアプリケーションにおいてはCore 2 Duoよりかかる時間が半分程度に短縮されました。
また、フルスクリーンアプリケーションから通常デスクトップへ復帰するときなど、ほかのアプリケーションが高負荷をかけている状態から、通常の状態へと戻る時が非常に快適でした。
6. この製品について「よかった」と感じた点をご記入ください
CPUの倍率を規定値以上に変更することが可能であり、オーバークロックが容易に行なえる点がよかったと思います。私は今回倍率を13倍まで変更(3.4Ghz動作)して使用しましたが、ブルー画面になることはなく、動作も安定していました。従来のFSBクロックを調整する方法より高い動作クロックを実現し、かつ容易に調整できたと感じました。本来の動作クロックの実力以上のクロックが容易に実現できる点がCore 2 ExtremeとCore 2 Quadとの大きな差でありよい点だと思います。
7. この製品について「よくなかった」と感じた点、「改善してほしい」と感じた点をご記入ください
一番のよくなかった点は発熱量です。コア温度を計測し、リテールクーラーを装備した状態で高負荷をかけてみたところ、コア温度が簡単に80℃を超えてしまい、再度CPUファンの取り付けの確認をしてみましたが、結果は変わらず仕方なくハイエンドCPUファンを購入し、ようやく高負荷時60℃程度に抑えることができる程度でした。。排熱処理をいかにクリアするかがこのCPUを使用するときの問題です。
また、これはCPU自体の問題ではないのですが、クアッド処理に対応したアプリケーションが現段階で少ないということをとくに感じました。とくにゲームソフトにおいてはクアッド処理に対応しているソフトは極少数であり、せっかくのクアッドコアを活かし切れていません。
 
Page Top
 

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス